みそじ女の漫画ブログ@アジアン・歴史系漫画書いてます。

アジア系や歴史系のフィクション創作漫画を描いています。漫画の製作工程などもお見せしていこうと思います。

オタクは時間が出来ると落書きをはじめる。

こんにちは、佐藤です(旧間々)。

一歳児と中三の子持ちです。
このコロナ騒ぎで、すっかりお絵かき時間を失ってます。
むしろ、自分の時間すら、ろくにない((((;゜Д゜)))

ですが、なんとか久しぶりに時間ができて、三時間ほどお絵かきしました。

クオリティとかしりません。
自分を満たすためだけの落書きですw


f:id:misozyna:20200511003421j:plain


タイトルは、一応、【月光夜】とつけました。
これの、最初の構図は、こうでした。

f:id:misozyna:20200511003458j:plain

どっちがお好みですかー?(*´ω`*)


今回は、女性というか、女体が描きたかったので、なまめかしいポーズにしたかったのですが、長女の横での落書きだったので、少し和らげました。

時間短縮に、背景は素材を加工しただけです。

色の調子を合わせるために、グラデーションをかけて全体の雰囲気を整えました。

目新しい技術はないw



またしばらく描く時間ないだろうけど、頑張って乗り切るぞ!


佐藤でした!

魚に呪われててもおかしくない話。

こんにちは、佐藤史絃(旧間々)です。

今回は、「佐藤が魚に呪われててもおかしくない話」の、落書きをお送りします。

f:id:misozyna:20200507154249j:plain


長女に、「お母さんは、魚に呪われててもおかしくない」と唐突にいわれまして。


なぜかというと、過去にこんなことがあったからなのです。

f:id:misozyna:20200507154432j:plain


f:id:misozyna:20200507154459j:plain


f:id:misozyna:20200507154526j:plain


f:id:misozyna:20200507154547j:plain



でも、さらに過去にも、こんなことやらかしてます。


f:id:misozyna:20200507154631j:plain

f:id:misozyna:20200507154648j:plain

f:id:misozyna:20200507154705j:plain


なんですかね、悲しい話ですが、ほんとに魚に関わるたび、魚を死なせてしまいます。

なので、もう魚を飼うのは諦めてます…(;´д`)


それでは、また!

10年くらい悩んでいたストーリーの創作で、「むしろ主人公がいらない」事実に気づいた話。

どうも、間々です。

 

お久しぶりです。最後の更新が、去年の6月2日だったようです。ふぁっ!?

近況報告はあとにしますが、まずはタイトルについてのお話を。

 

 

かれこれ10年以上前になりますが、国が盛衰する夢を見ました。

それは古代中国風の舞台で繰り広げられたものでした。

 

で、これをどうしてもマンガにしたいと躍起だったので、あとからあとからエピソードを足し、主人公を作っていったのですが、この主人公が役立たずなんですよ。

 

「話はあるけど、主人公が特に何もしない」

「ストーリー重視で、主人公が分からない」

「てか、主人公に注目すると、話の継ぎがうまくいかない」

etc.

 

これのために、10年くらいずーっと、ああでもない、こうでもないって書いてはあきらめ、書いてはあきらめ……^^;

 

しまいには、短編でエピソードを書き連ねればよいのでは!? という荒業に出ようとしましたが、主人公の存在感が弱すぎて、設定がぶれる^^;

 

 

ところが、つい先日、アンドロイドのアプリでよいものを見つけまして。

↓これ!

 

play.google.com

 

 

で、これの何がすごいって、ネタをぽつぽつ書き溜めておくと、あとから並び替えて、上手にプロットに仕立て上げてくれる手伝いをしてくれるんです……!!!

 

 

エピソードとネタは豊富でも、逆に豊富過ぎてうまく順番に並べらないとか、客観的にエピソードのつなぎを確認できないとか、そういう悩みってあると思うんです。

 

わたしはまさにそれだったんですけど。

 

 

なので、これにエピソードをバーっと書いて、プロットに仕立てて気づいたわけです。

 

「あ、主人公いなくても、話が回るわ」と……。

 

 

 

おっそ!!

 

いやあ……。でもね、まとめた後って、また新たにネタも浮かぶし、それをまたネタにしてッてやってると、どんどん充実していくのが分かるの。

 

しかも!

 

誘導尋問のように、質問をあれこれしてくれるので、キャラクターを作ったり世界観を深めたりすることもできるしで。

 

なにこれ。神か……!!

 

 

そのようなわけで、また描き始めますよ。

 

f:id:misozyna:20200215045036j:plain

 

↑調子に乗って、ちょっとキャラクター案をさっそく書きました^^;

 

こんどは、少しずつ描きためて、kindleなどにも当面無料で置いていこうかなと思っています。

 

これからもよろしくお願いします!^^

 

ちなみに。現代恋愛短編漫画も描こうと思っていますが、これはとん挫しそう??w

 

 

 

近況:

最近Twitterアカウントのメインアカウントを変えようとしています。おニューは佐藤史絃(@Sizuru_Satou)です! こちらもよろしくです。

ネームのページ整理|枚数を8の倍数にする。

ども、間々です。

 

前回、50pのネームができましたが、そのままでは余分なエピソードや無駄なページもあるので、どうしてもページやコマの整理が必要になってきます。

 

それで、昨日からこのページ整理の作業を始めています。

 

今日までで、50pから44pまで削減しましたが、同人誌なら44でもアリなのですが、商業誌はたいていページ数が8の倍数です。

 

これは印刷の都合、必要なことですから、どうしてもあと4p削減しなくてはいけないわけです。

 

あるいは、いっそ増やして48?

 

でも、それでは蛇足になる気がするのでーー。

 

 

今から行うのは、各エピソードに何ページを当てているかの確認です。

 

たとえば、Aのエピソードに5ページ、Bのエピソードに6ページ、Cのエピソードには4ページ、と数えていくわけです。そうすると、何が描かれすぎているとか、描かれすぎていないのかなどが、数字化することで分かりやすくなるのです。

 

さらに、それを起承転結にもう一度当てはめてみて、リズムを乱していないかを見るつもりでいます。

 

 

あと4pの削減ができたら、下書きに入ります♪

 

明日には始められると思っています。

扁桃炎で40度近かった熱も下がったので、のどは痛いですがぼちぼちやって行かないと、7月の締め切りに間に合いません^^;

 

締め切りのことを思えば余計に、枚数は減らしておきたいものです。

 

 

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家志望へ
にほんブログ村

私の、一度にネームを描く枚数と、アイデア・ネームの描き方。

ども、間々です。

 

現在、熱冷まし飲んで39.9℃です^^;

 

寝ろよ! って話ですが、

 

熱が上がる>寒くて震えて動けない=寝れない

熱冷ましを飲んで少し熱を下げる>暑くて汗だくになり、布団をかぶってられない=寝れない

 

ので、熱冷ましを飲んで、汗だくで、布団に寝そべりながら更新しております。なかなかに苦しい…^^;

 

 

 

さて、現在50pのネームを抱えているのですが、これはだいたい3日に分けて書きました。(なぜ抱えているかというと、発熱している手前、下書きに移れないのです)

 

つまり、ネームを上・中・下という扱いで描いたんですね。

 

▼作業スピードはこんな感じ。

一日目。約2時間で20p。

二日目。一日目と同じくらい。

三日目。1時間半ほどで10p。

 

三日目はクライマックスなので、少し時間がかかっていますが、描きこみをしっかりしているからで、迷いはありませんでした。

 

 

私のネームは、基本的にぶっつけ本番です。

テキストベースのシナリオは用意しますが、途中で手が勝手に改変していくので、後半にはあまり役に立ちません。

 

これはキャラが生きるからでもありますが、私自身としては、決まったものを描くのがつまらないんだろうな、と解釈しています。

 

へそ曲がりなのかも?w

 

このデメリットは、整合性がなくなること。

 

また、よく、「始まりから終りの間に主人公なり誰かの成長を入れること」、「読者に、遠くに来たような感覚を持たせましょう」と言いますが、果たしてそれができているかというと、これは「うーん」なんです。

 

 

私の描く作品は、基本「他人の人生を映画のようにただ眺める」ような感覚になっているものが多いのです。

 

ドキドキハラハラが、圧倒的に足りない。

かといって、人を第三者の目線から見ているときの「コミカルさ」があるわけでもない。

 

でも、この感覚がわたしのど性癖らしく、あれこれ考えて書いても、結果的にはそうなるので、もうこうなってくると、ひたすら「大河」のような成長・栄華・そして逝去的な流れにするほかなくて。

 

しかしながら、「最初が面白くないものは、読まれない」ですし、「途中で理解できなくなれば読者は離脱する」ものです。

 

そこで、今回はストーリーを3パートに分け、「(20pごとに)以後どうなる!?」と、「ここまでの流れを途中で把握できる」というエピソードの組み方をしてみました。

 

私にしては画期的(個人的な感想ですw)で、また、「20pに一度の以後どうなる!?」を、「16pにいちど」にしたほうがいいだろうと思い、のちほどネームを組み直したいと考えています。(早く扁桃炎、治そう…)

 

小さい山場はそれまでにもあるでしょうが、少し大きな山場をそれくらいで持ってくると、連載しているコミックと同じくらいになるのかな、と。

 

 

 

そのようなわけで、ネームを描くときは、パートに分けて「マテ次号!」のエピソードと、「時々の内容整理」を規則的に入れていく。分けることで強制的に作れるので、この方法は、しばらく私自身、もう少し試行錯誤してものにしたいです。

 

 

 

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家志望へ
にほんブログ村

ネーム完成、だが高熱で動けない

ども、間々です。


前回の記事の直後、50pのネームがとりあえず完成。

ただ、枚数が中途半端なので、多少いじらなくてはいけないかな?



で、書き上げて、集中力が切れた瞬間、猛烈に肩が痛む…!

肩凝りかしら、と風呂に浸かるも、ちっともあたたまらない。

まさか、発熱?!


風呂からでて、体温計ったら、確かに熱。

しかも、そのあとぐんぐんあがり、いよいよ40℃近い高熱に。

病院にはいきましたが、よくならない。


今日また行ったら、扁桃炎とのこと。

扁桃腺がかなり腫れてるから、治癒に5日かなといわれ…。


当方、0才児もちでして、しばらく夫が遅刻と早退であれこれカバーしてくれてまして。

そんななか、休まず原稿作業はさすがにできない。

そしてまた、寒気で布団から出られず…(;´д`)



ネームできてるのに、当面書けない。


あ、ちなみに7月5日締め切りの某賞に出してみます。

あと、6月末締め切りのKISEKI工房の原稿と、Twitterのとある賞にも応募したくて、はやく治さないと…(>_<)

40pネームを書いたが、完成原稿が多分56pになる。

ども、間々です。

 

占い業のほうをしばらくお休みいたしまして、創作にのめりこむことにしました。

 

時間は有限なので、常にしっくりくることをしたいなと思ったのです。

 

いまは、創作するのが一番楽しいかなって。

 

 

さて、20pネームができている段階で、KISEKI工房の仲間に、

 

「40pの読み切りになる予定だから、前後編で雑誌に載せていいですか?」

ーーとお願いし、とりあえずオーケーもらってたのですが、嫌な予感がして続きを書いてみたら、40p描き終わっても、「話が終わってない」という状況です。

 

つまり、「これ、原稿枚数は40pじゃないわ、56pで正解だわ」ってなってます。

 

40p目で、「あ、主人公やばいじゃん!」という展開なので、ここから8pで収束できるとはとても思えない^^;

 

なので、倍の16pでおそらく収束するので、「56p」ですね。

 

毎度思うのですが、「なぜ私は、短編のつもりで描いて56~64pで完結なのか」と。

 

たぶん詰め込みすぎなんです。展開も遅いのかも?

 

とりあえず、描き上げてみないとわかりませんけど、今回も56pっぽいので、そのあとシェイプアップを考えます。

 

56pだと投稿の際に困るし、なにより描くのが大変です……。

 

投稿って、たいてい40pくらいまでじゃないですか……^^;

 

 

とにかく、一度完結させて、それから考えます!